スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
茶々丸の新しいお部屋
茶々丸が家に来て約2週間経ちました。

フクロモモンガを飼育するのは初めてなので、日々の食事内容や行動をメモしたりなど、試行錯誤の毎日です。

どんなペットも可愛らしさと同時に、その動物ごとの特性があるため人間と共に生活するための苦労や工夫が必要ですけど、フクロモモンガの場合は特に食事と臭いやトイレが気になる点かもしれません。


食事は雑食ですが、フクロモモンガ用の総合栄養食のようなものがないらしく、それだけ与えておけばOKというものはありません。

近隣のペットショップには売っていないけどフクモモフードというのはネットで購入でき、それプラス果物や野菜などの副食を与えるのですが・・・なかなか食べ物のえり好みが激しい動物で、なんでも食べてくれるわけではありません。気分によって食べないこともあるようだし、すりおろす・好物と混ぜるなどの加工をすれば食べることもあります。

要するにチョット手がかかる。


臭いについては動物にはつきものなので、仕方ありませんね。けっこう臭うという話もあるので、掃除をまめにして清潔にすることで対処したいもの。

ただし、今は強い匂いはほとんどありません。まだ子供だからかな?クンクンすると動物特有の甘いような匂いがします。


そしてトイレ。自然界では樹上で生活する動物なので、特定の場所に排せつする習慣は基本的にないようです。

とは言ってもだいたいどのタイミングでどの辺りで排せつするかは決まってくるようで、うまく誘導すればトイレを使ってくれることもある・・・かも・・・しれない(という程度の淡い期待)。

うんちはコロコロで手でつまんでも汚れないくらいなので、多少落としても問題ないのですが、おしっこはあちこちにされちゃあ、ちょっとイヤかな(;´∀`)


話は逸れますが、今は幅35センチくらいの水槽をお部屋にしている茶々丸。もう少し大きくなって上手にジャンプできるようになったらお引越しする予定のケージを購入し、ケージ内のインテリアもだいたい揃えてあります。

高さがあるので、まだ「ぴょん」くらいしか飛べない茶々丸に与えるのはちょっとコワイ。

しかし新しいお部屋にも慣れてほしいので、様子を見ながら中に入ってもらいました。


きょろきょろ


ココハウスに入ってきょろきょろ。このあとどうしようか?というような表情です。

そしてしばらくしたらエサを食べに少し下にあるステージに・・・


ごはんもぐもぐ。


なんともアクロバティックな格好で食べております。頭下にして、ちゃんと胃に入るんだろうか?

このあとココハウスに戻ったり、出たり、ゆっくりとケージを伝って動いたりしてるうちに、床の隅に置いたエサ入れにまたがって静止。シュシューシュシュシュと音が聞こえる・・・おしっこしてる時の音だ!


エサ入れ
殿が「買う!」と言って購入したエサ用お茶碗。まだほとんど使っていない。


あとで確認するとやはりおしっこの水溜りが。もしかしてココをトイレ認定か?

ま・・・それならそれでいいんだけどさ・・・。お茶碗ひとつくらい。


ところで、茶々丸がおしっこするときのシュシュシュって音、排せつ音なのか鳴き声なのかが未だ謎。無音でおしっこしてるときもあるし、気持ちよくおトイレしてるときの鳴き声なのかな?








スポンサーサイト
[2012/04/06 13:00 ] | フクモモ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<茶々丸、空を飛ぶ | ホーム | 家にやってきた>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。